糸塾第6期 

    糸塾開講 第6期生 6名(2010/1月開始 全9回)

 =カリキュラム=  講師:飯室 山田


  1. 箇条書き項目開校式 飯室・山田のデモンストレーション、和式人形体験

  2. 箇条書き項目和式の簡易人形製作1

  3. 箇条書き項目和式の簡易人形製作2

  4. 箇条書き項目和式の簡易人形製作3

  5. 箇条書き項目和式の人形、製作した簡易人形で基本レッスン

  6. 箇条書き項目基本の歩く、手を合わす・たたく 足を蹴る 首の動き 連続した動き

  7. 箇条書き項目ショートストーリーで感情の表現などの演技(連続した演技)

  8. 箇条書き項目エチュード(指定の表現を的確に)

  9. 箇条書き項目基本動作復習 平太郎化物日記の一場面 創作エチュード発表、合評


 第6期 開講式(1/6)


6期生は6名。

 飯室、山田のデモンストレーションや

  ITOメンバーの人形の披露など 

  




                                       

                                         

                                            入塾者みなさんに和式人形の体験をしてもらいました。

                                         和式以外の糸あやつりの人形にも触れていただきました。







    *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***


    簡易和式人形の製作    講師:山田 

     簡易和式手板の人形を各自3日間で製作しました。

    普段、手にしない工具と格闘しながらそれぞれが熱心に人形製作に取り組みました。

    少しのゆがみ、人形の糸の結び方、糸バランス…ちょっとした加減で人形の動きが変るのです。


    *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

     

    人形操作 講師:飯室

    ◆和式人形、製作した簡易和式人形を使い動き

        種類の違う手板 和式人形との違いや共通点。

        人形の扱い方、手板のもち方 糸のとり方 歩くときの揺れ止め、カシラの動き。

 

   いよいよ基本レッスンがスタートしました。

        人形を動かすための糸のとり方を学ぶも、思うように人形が歩いてくれず四苦八苦。

        手板を持つ手も慣れないことで指がつりそうです。


    ◆基本レッスン

        『駅』のエチュードを観る。

        基本動作の復習(歩く)

        基本動作『手を合わせる』『手をたたく』

        『蹴る』『首のうごき』

        連動した動きのレッスン


    糸塾継続での受講者と初めての受講者とでは

 やはり動きが違います!継続は力なり。

 新しい動きを学び、言われる動きをするために

 糸をとるが…なかなかとれず人形がきちんと立つ事も難しく、糸の調子にも気を付けて

 鏡を見ながら稽古です!

    自分で作った人形が手元にあるので、いつでもレッスンできるのは、うれしいです!

   

                                   ◆連動した動き

                              何を表現したいのか?観客に的確に伝える。

                               『平太郎』の演技を参考に。

                                感情の表現。


   

   

        学んだ動きを使ってショートストーリーを表現してみました。

    お互いの表現したものを観ている人にうまく伝える事ができたかな?

    雰囲気で伝えられた人もありましたが、例えば…と動きのお手本を観て!納得!!

   

    『平太郎』の一場面を演じてみました。

    台詞を言いながら、人形を動かしてみるものの動きに夢中になると台詞が出てこず

    台詞が出ても、人形が動かせない...う〜ん難しい!!!

     配役を入れ替えて色々な動き、表現に挑戦。

    自分の稽古用人形の糸調子にも気づいて、なおす事ができるようになってきた人もいました。

   

  基本動作では表現できないことにも挑戦してみました。

     人形を使ってみての色んな動きを発見しておくことの大切さが伝わったかな?

  

    *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

     

     ◆最終日 発表会

        創作エチュードの発表会

   

    これまで学んだ基本動作の復習。

    少しずつ人形も動かせるようになってきました。

    『平太郎』の一場面の演技では

    それぞれの役になりきって台詞とともに演じる。

    創作エチュードは自分の人形を使って発表しました。

     音楽にあわせ踊ったり動きだけで

      自分の世界を表現したり色々、工夫がみられました。